チロルスタイルの楽器が入荷しました。

1800年代終わり頃のチェコの楽器に散見される、赤が含まれたような濃い茶色のニスが独特の味を出しています。

 

厚みのあるボディから、本当によく低音が出ます。

程よく枯れて滑らかな音にしっかりと芯が乗って、とても心地よい音色です。

 

 

Wienの焼印がありますが、真偽は定かではありません。

焼かれている名前を検索すると、チェコの画家の名前が当たります。

この楽器と何か関係があるのかはわかりませんが、ひょっとするとこの方が持っていたとか??

そんなことを考えたりするのもまた歴史の一端に触れるようでロマンを感じるところです。

 

Czech bass 1880

  • サイズ

    String length: 103.5cm
    Body: 108.5cm
    Upper: 52cm
    Lower: 65cm